読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3分、いや1分でできちゃう!GitHubのアカウント作成手順を日本語で解説

GitHub

前置き

GitHub使ってみたいけど、まずなにをすればいいのかわからない人向けです。
とりあえず、GitHubのアカウントを作成してしまいましょう。

内容としては何のことはない、フォームに必要事項を入力してボタンをクリックするだけの簡単なお仕事です。
ただ、英語だから尻込みしちゃうだけなのでまずはアカウントを作ってソーシャルコーダーになってしまいましょう。

GitHubにアクセス

https://github.com/

上記のGitHubのリンクをクリックしてみましょう。

う。。。英語。。。

英語ですかわかりません><ってなっちゃいますね。
ブラウザの☓をクリックしてそっ閉じしたくなりますね。

そんな気持ちを抑えてもう少しだけお付き合いください。

アカウントを作成① Sign Up For Freeをクリック

TOPページからユーザーネーム、メールアドレス、パスワードを入力すればアカウントを作成できます。
でも、あえてここは何も入力せずに緑色の 「Sign Up For Free」と書いてあるボタンをクリックします。
なぜならよくわからない><からです。
f:id:snowlong:20130524051156j:plain

アカウントを作成② ユーザーネーム、メールアドレス、パスワードを入力

情報が詳しくなりました。
とりあえず、無料(Free)のアカウントのようです。
必要事項を入力して緑色のボタンをクリックすれば規約に同意したことになるようです。
なんのことはない、よくあるあれです。
f:id:snowlong:20130524051819j:plain

  • username

GitHubで使用するアカウントです。
他の人が使用していなければ何でもいいです。
英数字使用可。

  • Email Address

メールアドレスです。
Gmailとか。

  • Password

パスワードです。
数字が必ず必要です。
最低7文字。

f:id:snowlong:20130524053017j:plain
全て入力して右側に緑色のチェックが入っていたら大丈夫です。
あとは緑色の「Create an account」をクリックするだけです。

アカウントを作成③ アカウント作成完了!!

左側に自分のアカウントが表示されていますか?
f:id:snowlong:20130524053304j:plain

おめでとうございます!GitHubのアカウントが作成できました。
これでソースコードを全世界に公開出来ます。

あとは表示されているチュートリアルを読むなりして使い方を学んでいきましょう。
もちろん英語ですが。。

書籍というかモックですが、GitとGitHubについてよくまとまっているのが以下の開発ツール徹底攻略です。
これ読むだけでだいぶ理解が深まりました。

開発ツール徹底攻略 (WEB+DB PRESS plus)


以上です。