読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOS6にnode.js環境をつくる

コマンド

Vagrant をつかってローカルの仮想マシンに構築する。

以下のコマンドを叩くだけでMacのターミナルからCentOS6にnode.js環境をつくることができる。 ただし、Vagrant + Virtual Box はインストールしている必要がある。

コマンドの説明

基本的にコマンドを叩くだけでいいので説明することはあまりない。 前半は仮想マシンの構築を行う。

## ホスト(Mac)
vagrant init bento/centos-6.7 --minimal #コメントなしでVagrantfile 作成
vagrant up
vagrant ssh

vagrant init bento/centos-6.7 ってやるとこんな感じのVagrantfileができる。

Vagrant.configure(2) do |config|                                                                   
  config.vm.box = "bento/centos-6.7"
end

config.vm.box = "bento/centos-6.7"みたいに記述すると、

https://atlas.hashicorp.com/boxes/search からbento/centos-6.7 を探してインストールしてくれる。

後半はゲストOSにログインしてnodejs のパッケージをインストールしたりする。

## ここからゲスト(centos) root権限でコマンドを実行する
# rpm -ivh http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
# yum install epel-release
# yum update
# yum install nodejs npm --enablerepo=epel
# yum install freetype
# yum install fontconfig

仮想環境は無事立ち上がったので、vagrant sshcentos にログインして必要なパッケージをインストールする。

nodejs npm は epel というパッケージにバンドルされているので yum install nodejs npm --enablerepo=epel というふうに書けばepelから探してnodejs npmその他必要なパッケージをインストールしてくれる。

EPEL リポジトリとは、CentOS 標準のリポジトリでは提供されていないパッケージを、yum コマンドでインストールすることを可能にするリポジトリのことです。
http://www.websec-room.com/2014/01/15/1535

freetype とfontconfig はnodejs を動かすのに必要なパッケージでこれがないとエラーになるので入れる。

以上でCentOS6にnode.js環境の構築は完了した。
あとはサンプルプログラムを動かしてみたり好きにすればいい。
仮想環境が壊れてもvagrant destroy でいつでも削除できるのだから。