読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマー35歳定年説

押し出されてるのか引き寄せられてるのかわからないが、段々とひとつの業務に集中できなくなってきている。

それは、自分の経験がそうさせているのかもしれないし誰かが求めているからかもしれない。

それを人は成長というのかもしれないが、同時にそれは人生の打ち止めとも言える。 そんな気がする。

誰も行かないところに行こうと決めたのに誰かが踏み歩いた道に続こうとしていることに不安を感じる。

問題は個人的にはどちらでもいいと自分が思っているからだ。
どちらも本当は求めてないし、人に求められるのならそちらに進もうかと安易に針路をとっていないか。

針路があるだけで幸せなのかもしれない。 最後の選択肢は20代後半だと誰かが言った。 もしそれが本当ならまだ選択肢のある自分は幸せなのかもしれない。

幸せ?それは何か?
自分はそれに幸せと感じていないのに他人と比較して幸せだから幸せだと思えというのか。

そもそも幸せになりたいのか、俺は。

とかそういうことを考えている。 いや、考えているというか迷っている。

自分は今年で定年だ。

プログラマー35歳定年説。

それは、嘘であり真実でもある。

自分がだいたいなんなのかどこらへんの人なのかはわかった。
絶望した。諦めた。
まあなんでもいい。

いつの間にか技術を高めることは何かの逃避になっていた。
それは30を目前にしてこの道を選んだ時からそうだったのかもしれない。

うん、先はわからないしそれは昔からそうだった。
次の駅で降りなきゃいけない。
考えるのはまた今度にしよう。